2018-03-01

精米機のある生活 (山本電気 匠味米 MB-RC52)


【購入しようと思った背景】

自宅で玄米を食べてみようと思ったのがきっかけです。

これまでは、土鍋などでも簡単に炊けるある程度精米された玄米をスーパーで購入していましたが、玄米をそのまま購入するほうが日持ちもいいですし、玄米の良さをもっと味わえると思ったので、自分で精米をしてみようと考えていました。

ただ、近くにコイン精米機がなく、精米するためには車で行かなくてはなりません。またコイン精米機で精米する場合、たべるぶんだけというわけにはいかず、一度に大量に精米しなくてはならないことも欠点です(これでは、スーパーで精米されたお米を買うのと変わりません。)


家庭用の精米機も、想像するよりも安くまた性能もいいようですので今回小型の精米機購入することにしました。



【購入を検討した候補】

精米機は初めて購入します。どのような種類があるのか、どのメーカーがよいのか、精米方法は?などインターネットで色々と調べました。

購入したモデルは山本電気 MB-RC52です。購入したのは白です。

価格が低価格であること、手入れがとにかく楽であることが決め手ですね。

大手メーカーでもっと高性能なもの(圧力循環式)もあるのですが、全般に手入れが面倒だったり、精米後の掃除が難しく、糠をきれいに取り除くのが大変で虫が湧きやすいなどいろいろとメリット・デメリットがありました。

手入れが面倒だと使わなくなるだろうと考えたので、撹拌式で評判の良い山本電気 MB-RC52Wを購入することにしました。

【実際の使用感】

使用方法はとても簡単です。

研ぎたい量のお米を撹拌用のかごに入れ、精米方法を選択するだけです。

玄米を2分つき〜無洗米まで精米することもできます。また、ちょっと古くなった白米を軽く精米し直すこともできます。

精米にかかる時間は量と精米をする程度によりますが、それほど時間はかかりません。

5合を2分つきにするには1-2分程度で精米を完了できます。5合を無洗米まで精米しても、7-8分程度で精米が完了します。

撹拌式は音が大きいと言われますが、精米時の音もそれほど大きくはありません。

スイッチを入れるとゴーッと音はしますが、低音で不快な音ではありません。キッチンなどで短時間使用するだけですので、精米の音が問題となることはないでしょう。


手入れはとても簡単です。

精米が終わったら精米したお米の入ったかごを取り出すと、その下に精米の時に出た糠が溜まっています。そのまま捨ててもいいですし、溜めておいて再利用しても良いですね。

洗うのは、フタと精米用のかご、精米の軸、そして糠受けの容器を取り出して洗うだけです。突起物や凝った作りのくぼみなどはありませんので、さっと洗って乾かせば完了です。とても簡単です。


精米の能力も素晴らしいです。MB-RC52は低価格な精米機ですので、精米方式は「撹拌式」です。そのためたまにお米が割れてしまうものがありますが、数は非常に少ないです。


精米したてのお米は非常にとても美味しいですね。白米は、ふっくらと炊けますし、香りもとても良いです。お米も甘みが増した感じで非常に美味しいです。

特に便利なのが玄米です。2分つきぐらいに軽く精米しておくと、玄米でも普通のお米と同じ感覚でたくことができます。軽く精米をすることでお米の表面に軽く傷がついて吸水性が良くなるのだと思います。

玄米を食べることも多いのですが、これまでは浸水時間がとても長く、炊飯の時間も長くかかるのが悩みでした。

精米機を使って2分つきに精米すると、玄米の風味を残しつつ、白米と同じように気軽にたくことができます。

この精米機を買ってから、お米はほぼ玄米だけになりました。とにかく手間がかからないので、玄米をいつでも簡単においしくたべることができます。


【結論】

家庭用精米機は本当に買って良かったです。

お米はいつも食べるものですのでそのお米を美味しく食べられるのは、とても良いですね。精米機はあまり馴染みがないかもしれませんが、お米がとても美味しくなりますので是非試してみてください。



0 件のコメント:

コメントを投稿

人生は約30,000日

人生は約30,000日しかありません。 1年365日✕80年=29,200日です。 数字にすると意外と短いですね。思い通りに体が動き、経済的にも独立している時期を考えるともっと短いでしょう。すでに40歳の人は残りは15,000日弱です。 あくまでこれは平均寿命をもとに計算し...