2015-07-19

iPhoneのイヤフォンをパソコンのヘッドセットとして使えるようにするiBulletはコンパクトで音も良くてすごく便利

出張時などにつかうヘッドセットとしてこれまではヘッドフォンタイプを使っていました。

ただ装着感がいまいちです。30分ぐらいまでなら問題ないのですが長時間だと耳が痛くなることが多いです。カナルタイプだと耳が痛くなりますし、スピーカーフォンタイプだと周りに人が居るときには使えません。

iPhoneで通話するときに、iPhone付属のマイク付イヤフォンを使うのですが、これがが思いのほか音質も良く、またマイクの感度も良いです。昔のAppleのイヤフォンとは大違いです。カナル形でもないので長時間使っていても耳が痛くなりにくいです。
このAppleのイヤフォンをパソコンでも使えないかとインターネットで探し、iBulletを見つけました。



iBulletは4極プラグに対応したUSBアダプターです。サンワサプライが取り扱ってるみたいですね。
価格は1,800円ぐらいと手頃です。


使い方も簡単です。
USBポートにつなぐだけで使えます。設定は不要です。
音質が良いです。アナログジャックへの変換タイプだとノイズが載ったりするのですが、USB接続ですので、ノイズもなく、非常にクリアに聞こえます。
マイク感度も良く、期待通りでした。

Appleのインナーイヤフォンはパソコンで使用しても装着感も良いです。
Appleのインナーイヤフォンは、カナルタイプでもなく、オーバーヘッドでもネックバンドでもないので、装着感がすごくいいです。電話会議などで1時間以上の長時間の使用でも快適です。



気になる部分も少しあります。
まず大きさが少し大きいです。ラップトップに付けっぱなしで鞄に入れることは難しいです。邪魔になりますし、折れそうです。
また、イヤホンジャックがUSBポートの方向と90度曲がっているので、イヤフォンを挿すと隣のUSBポートは使えなくなります。必然的にパソコンの右側の一番手前のUSBポートを使うことになります。最初写真で見たときは、上下に曲がるのかなと思ったのですが固定でした。


会社で電話会議などに参加するときに使っていると、音楽を聴いているように見られてしまうかもしれません(笑)

これまでのヘッドフォンタイプのUSBヘッドセットに比べかなりコンパクトに持ち運べるようになりました。iPhoneを人だけでなく、コンパクトで音質がいいヘッドセットを探している人にもお勧めです!
Appleのイヤフォンを別途購入しなくてはなりませんが(3500円ぐらい?)、その価値は十分ありますよ。



0 件のコメント:

コメントを投稿

精米機のある生活 (山本電気 匠味米 MB-RC52)

【購入しようと思った背景】 自宅で玄米を食べてみようと思ったのがきっかけです。 これまでは、土鍋などでも簡単に炊けるある程度精米された玄米をスーパーで購入していましたが、玄米をそのまま購入するほうが日持ちもいいですし、玄米の良さをもっと味わえると思ったので、自分で精米を...